事業内容

当社は、次の3つの事業を柱としています

①地域商社事業

 農家や農業生産法人と連携し集荷施設で集荷した新鮮な農産物を大手スーパーマーケットを中心としたインショップ形式での直売所において委託販売を行うプラットフォームを提供します。
 ・販路を開拓し、販売先へ商品を大切に引き渡します
 ・生産者の商品企画に役立つ市場情報を提供します
 ・流通業の受発注情報を一元的に管理し、多数の商品を集荷します
 ・物流経費の負担を圧縮し、ジャストインタイムに配送する物流を構築します
 ・流通業の取引口座開設に係る信用を補完します
 ・売上代金の決済に関する金融決済機能を行います

②農業生産事業

 主に西洋野菜を作っています。

③農業コンサルティング事業

 新規就農者や農産物直売所へのコンサルティング、6次産業化サポート等、農業に関わる生産、流通、販売をあらゆる切り口からコーディネートし、農業関連の経営支援、調査、ブランディング等を行います。
 JGAP AJIAGAPの指導員が在籍しておりGAP導入のチェック&アドバイスを行います。また、中小企業診断士、社会保険労務士などから的確な経営アドバイスもお受けいただけます。

事業コンセプト

​当社は、次の「3つの貢献」を事業コンセプトとしています。

①豊かな食のライフスタイルへの貢献
  「美味しい」「新鮮」「安心・安全」「バラエティ豊か」な農産物を多くの消費者に届け、豊かな食のライフスタイルに貢献します。

②成長性のある農業経営への貢献
  マーケットインの発想を起点にしたマーケティング活動やICT技術への取り組み・導入など、収益性を高めるための施策を展開し、健全で成長性のある農業経営の実現に貢献します。

③販売店のロイヤリティアップへの貢献
  継続的に新鮮な農産物を提供することで、消費者満足度が高まり、差別優位性のある売り場づくりに貢献します。

事業の特徴

​①たくさんのお客様が集まるスーパーマーケットが販売所
  郊外型の直売所に対し、多くの消費者が日常の買い物をするスーパーマーケットの売場で、「新鮮で美味しい野菜」を提供することにより、農業経営を維持するために必要な販売量(規模)が見込まれます。

②「計画生産・販売システム」で収益をサポート
  「計画生産・販売システム」は、予め、生産者と販売者が生産品目・数量を共有するシステムで、これにより生産者も販売者も安心して生産・販売できる仕組みにより、生産者の収益計画を作りやすくなります。

③「安心・安全」を保つシステム
 ・生産履歴や定温輸送での輸送履歴などトレーサビリティが可能な体制をつくります。また、当社HPで情報開示していきます。
 ・定期的な土壌検査や残留農薬検査を実施し、産直のグレーゾーンである安心・安全を確保し、消費者からの信頼に答えます。また、将来、生産者のGAPやISOなどの認証取得をサポートします。

④専任担当者の配置と販売促進策の展開
 ・当社は販売先担当者と生産者担当者を設置し、売場や生産の現場を巡回し、コミュニケを図り、状況や変化に対応できる体制とします。
 ・陳列するだけでは本当の価値は伝わりません。店頭での販売促進活動やブランディング活動により、消費者に商品価値情報を発信します。⇒差別化や競争力の強化

⑤マーケットイン=消費者基点の生産
 ・プロダクトアウトによる生産から、マーケットインによる生産、すなわち消費者の食のライフスタイルにあった、売れる農産物の情報提供など効率的な生産をサポートします
 ・将来的に、生産者が成長・拡大に必要な様々なサポート機能を開発します。

⑥価格訴求と価値訴求
 ・普及型の農産物は、同質化競争の中で継続的な「価格訴求」が不可欠であり、それに対応できる直接的な低コストの運用システムの構築は不可欠です。(選果・梱包設備、集荷・配送設備等)
 ・陳列するだけでは本当の価値は伝わりません。店頭での販売促進活動やブランディング活動など様々の媒体・手法により商品価値が伝わり、消費者が手に取ってくれます。(差別化競争)